COCおすすめシナリオ「家の中をあるいてみよう」

 

 

――あなたは今、自身の家の前にいます。

まず、玄関を開けて。

さぁそれでは

家のなかをあるいてみよう

 

 

「縁と命は繋がれぬ」や「旅館の捕食者」のシナリオ作者として有名なアキエさま。
そのアキエ様がBOOTHで発売しているシナリオ「家の中をあるいてみよう

 

このシナリオの魅力は「フリーホラゲー」のような世界観と怖さです。

 

今回は「家の中をあるいてみよう」の導入や推奨技能、プレイした人の感想などTLやシナリオ募集にはあまり載っていないような情報を書いていきます。

 

ネタバレ等は無いので、安心して読んでください。
その分全体的になんかフヤッとしてます。雰囲気だけでも伝わればうれしいです。

 

本当に怖い、是非夜に部屋の電気を消した状態で挑んでほしいシナリオです。

 

舞台は「自分の家」

 

あなたは部屋の中で、知らない誰かの声を聞く。

 

声は、「家の中をあるいてみよう」と語りかけてきた。

そう。ここは自分の部屋だ、間違いなく。

 

なのになんで、こんなにも恐ろしいのか。

 

テーブルの位置がズレてないか、カーテンはそんな色だっただろうか。

部屋が妙に散らかっていないか、冷蔵庫の食材が多くはないか。

 

どうして、さっきからノックの音がやまないんだろうか。

話しかけてくるのは誰だ。

わたしはいったいだろうか。

 

家の中をあるいてみよう推しポイント

怖い。

この一言につきます。

実際自分がこのシナリオの世界に放り込まれたら秒で精神を病む

 

洋画ホラーよりも邦画ホラーの方が怖く感じる人には超おすすめ。
なぜならこのシナリオはかなり邦画ホラー寄りだから。(主観)

 

いいよなゾンビとかは。銃で撃ったら死ぬもん。
貞子とかカヤコとかどうやって倒すんだよもぉ~~~~~(泣)
そんな感じ

 

あと付属のNPC立ち絵がとても好きです。これを見ただけでも買ってよかった~~と思いました。

(付属立ち絵のシナリオ外での使用、過度に編集した画像の公開はアキエ様が禁止しています。KPもPLもシナリオ付属の注意事項を守って利用しましょう)

 

シナリオ概要

推奨人数

1人限定のシナリオです。2人以上で遊ぶことはできません。
また「1人暮らしの探索者推奨」です。KPが許可すれば継続探索者でも参加可能です。

 

・推奨技能

シナリオには探索技能を取得しておけばOKと記載されています。

 

・プレイ時間

シナリオで書かれている想定時間は4~5時間。

私の卓では4回まわして、いずれも4時間以内で終わっています。

平日の夜の突発卓でもサクッと楽しめるでしょう。

 

・ロスト率

SAN0やHP0という意味でのロスト者は出ていません。

ただ、引退は2人でました。

そのため、必ず無傷の生還ができるというシナリオではありません。

 

ストーリー重視or探索重視

 

どちらとも言えねぇ~~~~~~

 

個人的には「ib」や「青鬼」をはじめとしたフリーホラーゲームに近いと思っています。

そのため「なんでもできる」といった面の自由度は低め。しかし探索をする箇所はしっかりあります。

 

多少の制限があるからこそ面白さがあるシナリオ(だと思う)ので、自由度が低めだからと言って決して倦厭しないでほしいです。

(というか私KP基準で書いているので、シナリオらしさも自由度も両立して回せる人もいるはず。師事してぇ)

 

・クトゥルフっぽさ

”あくまで個人的には”表だったクトゥルフっぽさはあまりないシナリオだと思っています。

ただ、日常を突然揺るがす恐怖としてのクトゥルフ要素はばっちりです。

 

クイズみたいな謎解きはありませんが、何も考えずに進むと後悔する可能性アリです。

 

PL難易度

(ここに書いてある評価はあくまで私個人の主観です)

 

・総合:★★★★☆(ちょいむず)

めっちゃ怖いし、そこそこPCが使えなくなる可能性はあるから。

理不尽にPLを苦しめるような展開はないので安心です。

 

・リアルラック重要度:★★★☆☆(ふつう)

リアルラックよりも自分の勘や考えの方が大事な気がする。

もちろんリアルラックがあって損はないです。

 

・リアル知識:★☆☆☆☆(いらない)

不要。シナリオクリアにあたって特別なリアル知識は必要ありません。

メタなクトゥルフ神話致知識がなくても十分楽しめます。

 

宣伝動画

 

アキエ様が作られた「家のなかを歩いてみよう」の宣伝動画が載ったツイッターリンクを張っておきます。

 

こっっわぁ……。

 

卓中の名言

  • じわじわ蝕んでくる怖さがあった
  • KPがたのしそうな声してる…(怯え)
  • 帰る帰る帰る帰る!!!
  • 誰がこんなひどいことを!
  • まさかこんなことになるなんて…

などなど

 

そして秀逸なフォロワーさんの感想ツイート。

 

 

 

 

語彙力の塊だった。

 

まとめ

 

家の中をあるいてみようは絶叫よりも困惑と混乱、そして焦燥を楽しむようなシナリオだと思います。怖いぞ。

一般的にイメージするホラー系COCシナリオが洋画タイプとするなら、「家のなかをあるいてみよう」は確実に邦画。
やってみればわかる。
確実に邦画ホラー。

 

ちなみに私はシナリオ読んでる最中怖すぎて3回は叫んだし、読み込みに1時間以上かかった。怖いぞ。

 

「家の中をあるいてみよう」が気になった人向け記事

 

 

 

「家の中をあるいてみよう」BOOTHリンク
 

 

 

 

 

 

がちゃ、
がちゃがちゃがちゃ
がちゃがちゃがちゃがちゃがちゃがちゃがちゃ
がちゃがちゃがちゃがちゃがちゃがちゃがちゃがちゃがちゃ

 

2件のコメント

  • はじめまして、家の中を歩いてみたくなりました。

    ミスオペラリアという謎解きシナリオが気になっております!
    もしプレイしたら是非記事にして欲しいです。

    • へへ。嬉しいです。楽しくて怖いシナリオなので、是非プレイしてみてください!
      「ミスオペラリア」ですね!機会があったら是非やってみます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です